Select Language : English 日本語 中文(繁體字)

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

コクヨ株式会社

国内外のあらゆる人と拠点をシームレスに接続 働き方変革を加速するネットワークを整備

導入サービス : Arcstar Universal One

コクヨ株式会社
課題

「働き方変革」推進に向けたネットワークの全体最適化を求めていた
回線負荷が急激に高まっている上、ランニングコストも増大していた

対策

高品質・高信頼で海外にも展開しているネットワークサービスを採用
拠点の規模や重要性に合わせた適材適所なネットワークを構築

効果

テレビ会議などのツールがストレスなく動作する環境を実現
海外を含む新規拠点へのネットワーク展開がスムーズに行える

コクヨファニチャー株式会社 スペースソリューション第1部 ソリューション第1グループ コンサルティングディレクター 鈴木 賢一 氏
コクヨファニチャー株式会社

スペースソリューション第1部
ソリューション第1グループ コンサルティングディレクター
鈴木 賢一 氏

「当社が推進する『働き方変革』をさらに大きく前進させるためのネットワーク基盤を実現することができました」

コクヨ株式会社 情報システム部 インフラプランニンググループ グループリーダー 弁木 純 氏
コクヨ株式会社

情報システム部
インフラプランニンググループ
グループリーダー
弁木 純氏

「国内外の新規拠点へのネットワークの展開がスムーズとなり、拠点開設にかかわるコストや工期を大幅に削減できます」

課題

「働き方変革」のさらなる推進を目指しネットワークの再構築に着手

 「商品を通じて世の中の役に立つ」という経営理念を掲げるコクヨ。文具製品やパソコン関連用品などを提供する「ステーショナリー事業」、ECサイト 「カウネット」を中心とする「通販・小売事業」、そして、オフィスや教育現場、医療現場など家具や什器を提供する「ファニチャー事業」の3つの事業を展開している。中でもファニチャー事業に おいては、単にオフィス家具・什器を提供するだけでなく、そこで働く人のワークスタイルに関する提案やコンサルティング、それを支えるためのオフィス空間の設計までを手がけている。「業務改 革や会議の改善、スマートデバイスを活用したモバイルワークや在宅勤務をいかに実現するかなど、お客さまを多様な側面からご支援しています」とコクヨファニチャーの鈴木 賢一氏は語る。

 背景には、コクヨがオフィス家具を提供する会社であることはもちろん、同社自身が積極的に「働き方変革」を推進してきたことがある。例えば、1997年に は、他社に先駆けてフリーアドレス制を導入。その後も、モバイルを活用した「隙間時間」の活用、各種コミュニケーションツールを活かしたコラボレーションの拡大など、さまざまな施策に取り組 み、高い成果を上げている。

 しかも、その範囲は海外にも及ぶと鈴木氏は言う。「現在、当社は海外売上比率を30%にまで引き上げるという目標を設定しています。そのためには、海外拠 点においても同様の働き方を実現することが欠かせません」と鈴木氏は紹介する。

こうした取り組みを進める上で、重要なテーマとなったのがネットワークの最適化である。すでにビデオ会議などの利用によって、同社のネットワークはト ラフィックが飛躍的に増大している上、回線維持に関するランニングコストも年々肥大化しつつあった。「特に帯域の問題については、サーバーの仮想化統合を進めてきたことも影響していました。 システムをデータセンターで集中管理しているため、データセンター側の回線への負荷が高まっていたのです」とコクヨの弁木 純氏は説明する。

同社は、これらの課題を解消しつつ、海外拠点を含む全社を網羅し、最新のワークスタイルに対応できるネットワークの構築に着手した。

The company decided it had to build a new network to solve these issues, as well as to support its global expansion and promote state-of-the art working styles.

対策

信頼性やコストなどの総合評価に加えグローバル展開のしやすさを高く評価

 ネットワークの再構築に向けて、同社は複数のキャリアやITベンダーに提案を依頼。評価に当たっては、信頼性や安全性はもちろん、300もの拠点があ ることを踏まえ、単なるランニングコストだけでなく、移行に要する費用やコクヨ側の工数までを考慮するなど、総合的な評価を行った。その結果、採用されたのがNTTコミュニケーションズ(以下 、NTT Com)の提供する「Arcstar Universal One」である。「サービスの品質やサポート体制といった総合評価に加え、当社がビジネスを展開している海外拠点でもサービスが受けられことが重要な ポイントとなりました」と弁木氏は述べる。

 構築に当たっては、あらゆる拠点を適正なコストで接続するための工夫を行った。具体的には、拠点の規模や重要性、投資対効果などを考慮しながら、それ ぞれにアクセス回線を選定したのである。

 高い信頼性や通信品質が求められるデータセンターなどには、メイン回線・バックアップ回線ともに100%帯域を確保する「プレミアムプラン」を採用し、本 社や配送センターなどの重要拠点には「ギャランティプラン」、支社・支店などの中規模拠点には「バーストプラン」、小規模な拠点にはBフレッツベースのリーズナブルな「ベストエフォートプラ ン」を適材適所に選定。全体最適化を図っている。

For data centers that require maximum reliability for network connectivity, Premium Grade service ensures 100% guaranteed bandwidth for main and backup circuits. Business Grade service is utilized for important locations, such as head office and distribution centers, while midsize offices use Standard Grade and smaller offices use the highly economical Light Grade, which is based on consumer broadband network service.

効果

ネットワーク展開手法を標準化 新拠点の展開もスムーズに対応可能

 現在、同社はまず国内の約100拠点を中心にArcstar Universal Oneに接続。これにより、同社の働き方変革はさらに加速しようとしている。

 例えば、以前は1~2Mbpsと狭い帯域のネットワークしかなかった小規模拠点でも、ビデオ会議などをストレスなく利用できるようになった。「外出先からシ ステムを利用する際のストレスも軽減しています。ネットワークの刷新は、我々の『働き方変革』に大きく貢献しています」と鈴木氏は強調する。

 また、同時にNTT Comのサポートを受け、東京霞ヶ関のオフィスにワイヤレスネットワーク環境も整備。営業担当者を対象にタブレットPCを約1,000台配布し 、さらにモビリティを高めている。

 データセンターへのサーバー集約についても、以前は集約を行う度に想定トラフィックを算出し、回線増強を踏まえた検討が必要だったが、新ネットワーク の構築によって、そうしたタスクは不要となった。必要に応じて集約を図れるようになり、同社は現在までにサーバー台数を約40%減らすことに成功している。「ほかにネットワークの展開方法が標 準化できたこともメリットです。新拠点を立ち上げる際も、ネットワーク設計に煩わされることなく、スムーズに展開できます。今後、さらに海外にネットワークの適用範囲を拡大することを考える と、非常に重要な成果と言えます」と弁木氏は語る。

 働き方変革の推進に欠かせない新たなネットワークを手に入れたコクヨ。同社が積み上げた経験や実績などは、今後、コンサルティングサービスなどを通じ て、多くの顧客に還元されることになる。

 「単に生産性を上げるという言葉で片付けるのではなく、何のための働き方変革なのかが重要です。当社が重視しているのは、ビジネスの『スピード』の追 求です。例えばお客さまへのレスポンス、意思決定の速度をいかにスピーディーに行うか──。そのための変革なのです。今回、それを支えるネットワークを整備できたことは我々にとって大きな前 進です。NTT Comとの強固なパートナーシップのもと、今後も働き方変革に挑戦し、多くのお客さまのビジネスに役立つ新しい方法や考え方を確立。それを広く発信していきたいと思います」と鈴木 氏は力強く語った。

In Summary, KOKUYO now has a network that allows it to develop new working styles and share its knowledge of innovative office solutions based on the company's own experience and achievement.

"It's important not just to raise productivity, but also to consider why we are pursuing innovation. Speed is the key. Our employees can make decisions anytime, anywhere to respond to customers quickly. Our new integrated network platform is a big step toward enhanced innovation. Through our strong partnership with NTT Com, we will continue to develop innovative work styles, creating new ideas for customer's business growth.

図 コクヨのArcstar Universal One活用イメージ

インタビュー動画

インタビュー内容を動画でもご覧いただけます。



導入サービス

Arcstar Universal One

高品質・高信頼ネットワークを安心・簡単・おトクにご提供するクラウドにも対応可能な新しいVPNサービスです。お客さまの企業規模・ニーズにあわせプランの選択が可能。 国内・海外ネットワークを共通化し企業のグローバル展開を強力にサポートします。

コクヨ株式会社

企業情報

社名: コクヨ株式会社

資本金: 158億円(2013年12月末現在)

事業内容: 顧客起点の商品・サービスの提供により、より豊かでクリエイティブな仕事や生活の実現に貢献している。

URL: http://www.kokuyo.co.jp/

(掲載内容は2014年10月8日現在のものです)

このページのトップへ